2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.11.08 (Sun)

Win7の64bit時エディタ画面でオートタイルが反映されない時の対応策

【ウディタ】
640×480のゲーム画面で制作をする際に、32×160サイズのオートタイルを設定していると表示がされない時がありますと出ると思います。

まずはそれを改善するために、32×160の画像サイズを64×160にするといいです。

やり方は32×160の画像をコピペして、横に並べるだけ。

んで、ここからが本題。

たとえばだけど、草原とかの透過されている部分がないオートタイルを1レイヤー等に書きこむとする。

すると、エディタのマップ生成画面は真っ暗なままで何も表示されない状態になる。

書きこめてないの?と思い、ゲームプレイしてみるとちゃんと描画されている。

これの原因がアルファチャンネルという設定がされているかいないかだそうです。

ちゃんとエディタ画面で表示されるようにするにはアルファチャンネルを設定しないと描画されないようです。

アルファチャンネルという効果がされていると透過されている部分がなくてもオートタイルがちゃんと表示されます。

それならアルファチャンネル設定すればいいじゃん、どうするの?って話ですが、画像編集ソフト(PhotoShopやGimp)等で行います。

私自身Gimpは使い慣れていないので、Photoshopで説明します。

(1)まず、アルファチャンネルを設定したい画像を開く。

(2)チャンネルウィンドウを開き、新規チャンネルを追加をクリック。

(3)アルファチャンネルが表示され、おそらく色が変わる為、アルファチャンネルの不透明度を0%に設定する。

これをPNG保存で完成ー。

CS3でもできたので、おそらく最新版のCCでもいけます(少し勝手は変わるかもしれないけど…!)

Gimpはやったことないので、各自ググって調べてください(投げたこいつ

ウディタでせっかく美麗のマップチップを使ったとしても、オートタイル見えなくてマップ作れないってなると悲しくなるので、そんな悲しみを背負う人が一人でも減るといいな(σv`*)

そんな感じで説明終わりです


EDIT  |  02:17  |  ゲーム制作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。